落語立川流Cコースとは…

 立川談志師匠を家元とする落語の団体で、Aコース、Bコース、Cコースの3コースがあり、

 Aコースは、落語家を本業としている、いわゆる「落語家コース」
 Bコースは、落語以外の分野で一家をなしている、いわゆる「芸能人・著名人コース」
 Cコースは、その他の、いわゆる「一般人コース」

となっています

この中のCコースに入会(2001年11月入門)しているということで、立川流ならではの上納金も毎月を納めていましたが、既に満了となり、現在は年会費を納めているという現状であります

『談志が死んだ 立川流はだれが継ぐ』立川談志+落語立川流一門(講談社2003年12月刊)に掲載されている「落語立川流名鑑」によると、Cコースの22番目の弟子となっています
なお、Cコース一番弟子 久蔵兄のお店「さらさら」銘酒居酒屋 さらさらでちょくちょく呑んでいます


※落語立川流は「たてかわりゅう」です 「たちかわ」ではありません)
談志師匠より頂戴した木札





ホームへ戻る